loveを哲学するblog

24歳OLが思考の整理を目指します。

私は私の最良を諦めない

 

毎日暑くて本当にしんどい。最高気温36度って何なの、36度って体温と一緒だよ。

こんなに毎日暑いと通勤退勤だけでかなりのエネルギーを持っていかれてしまって、日中はエアコンの効いた仕事場にいるはずなのに、お風呂上がって布団に入ると予想以上にぐったりしてしまう。

あまりにも暑くて今年の夏はもうマジで乗りきれねぇかもしれないと思ってたんだけど、そうこうしているうちに8月になってしまって、もしかしたら夏越えられるのかもしれない、と考え直し始めました。

 

 

2018年は怒涛の如くいろんな事案が発生して、まだ1年の半分ぐらいしか経ってないなんて信じられないんだけど、ふと思い立ってこのブログを作ったばかりの1年半位前の投稿を読んでみたらびっくりするぐらい鬱々としていて、(書いていた時は控えめに書いたつもりだったんだけど、)めちゃくちゃ暗くて自分で自分にドン引きした。

あの仄暗さは確かに私の中にあって、今でもいなくなったわけではないんだけど、この半年位でかなり消化が進んだと言うか、過去のこととして飲み込む時期に差し掛かったというか、今はその時ほどはあまり気にしていません。

 

ここ数ヶ月も辛いことがたくさんあってメンタルが大荒れだったつもりなんだけど、過去に比べたら全然で、端から見たら結構ハッピー野郎だったのかもしれない。

前よりも同じことをぐるぐる考え続けることが減ったし、何より「過去と他人は変えられない」ってことが自分の中で落とし込めるようになってきた気がする。私が思う普通って私の中の普通に過ぎなくて、それを他人に押し付けたり世の中の標準だとして考えるのって、結果的に自分の生きづらさにつながってしまうってことが、(わかってはいたけど)今までそれを止めれなくて、でも最近やっと日常の思考回路とか行動に反映させることができるようになってきた気がする。

周りから見たら、私はまだまだ寛容じゃないほうに属しているだろうし、キャパシティの広い人種でもないんだけど、それでも世の中の不条理とかどうしようもないことを正面から受け止めるんじゃなくて、横にスライドさせる、受け流せるようになるっていうのは、ちょっとずつできるようになってきた。

 

まだまだ2018年は下半期もあるので何が起きるか分かんないけど、今までの全ての事象は私にとって何にも無駄じゃなかったし、これから先もたくさんのハッピーが待ってるよって思う。私自身がハッピーでいようと思うし、私の周りの人たちもいっぱいハッピーでいて、それで私がもっと楽しくなったら1番いいと思う。

 

クソほどエモいタイプの人間だから、抽象的な話大好きで今日のブログは概念の話になっちゃったけど、こういうのも「私」って感じがしてありだよね。

それではまた明日🐼